おー物語もアツくなってきた!って思ったらなんで・・・?

ギリシア作品でも有名なだけあって、確かに「オデュッセイア(ODISSEIA)」は面白い作品です。
普通に神話類が好きな方であれば、自然とハマってしまう作品だと思います。

ただ・・・話がヒートアップしてきて、読んでいるほうもアツくなってくるわけですが、
そのいいタイミングで回り道をするあの展開は何なんでしょう・・・だったらそのままの熱を保ったまま行けよ!! とつっこんでしまいます。

当時の物語の書き方としては、もうクライマックスですよ~ってとこでも1クッション挟むのでしょうか? うーん、いかがなものだろうか・・・。



原作に忠実なままにゲーム化したら糞ゲー間違いなし!

ゲーム化したら糞ゲー間違いなし

という回りくどい部分があるために、
オデュッセイア(ODISSEIA)をそのまま実写化・ゲーム化すると大変なことになりますね。

きっとクレームの嵐というか、観ているこっちがイライラする展開になるでしょう。
物語自体は素晴らしいだけに非常に残念です。

ギリシアとかなら、ゲーム化してもいいのにね。
ゲーム化していない現実があるのは、やはりそれなりの「理由」があるからなのですよ。

格好いい?王・オデュッセウスもずっこけです・・・。